後遺症等級で保証に差

未分類

後遺症が残った場合、後遺障害の等級の認定を受けてから、慰謝料や保険金の支払いが行われます。今後も改善の見込みがない後遺症の場合、緩和するための治療を継続することになるので、この段階で受け取る金額は非常に重要な項目となります。

主たる生計者に後遺症が残った場合は、見込めるはずの収入が大きく減額されるので、逸失利益を証明する必要があります。仕事をしている方は事故前1年間の収入額を証明し、計算式に当てはめたうえで損失の計算をします。また、仕事を持たない方は年齢別の平均給与額などから算出することになるでしょう。ただし、この損害は後遺障害の等級とは別で請求できる範囲となります。

逸失利益の補てんだけでは不十分になることもあるので、自賠責の等級に合わせた慰謝料や保険金の支払いを受ける必要があります。第1級(1100万円)と第2級(958万円)の慰謝料を比較しても142万円の差があります。保険金の上限額も、第1級の3000万円と第2級の2590万円では410万円もの相違があります。

等級は後遺障害の内容によって認定を受けますが、異議申し立ての機関もあるため、納得できるように手続きをしましょう。難しい手続きは専門家との相談をしながら進めると、結果にも満足できると言われています。

参考HP・・・交通事故発生から後遺症の認定、示談までの流れがわかる【交通事故被害者救済サイト

後遺症等級を理解する

未分類

交通事故などで受けた後遺症は、等級が分かれており該当する症状の認定を受ける必要があります。後遺障害等級は、かかりつけの病院で作成した後遺障害診断書を提出することで、自賠責の調査会社が該当・非該当の決定をしています。

等級の認定によって、受け取る保険金や慰謝料が変わります。等級は第1級~第14級まで分かれており、それぞれに後遺障害の内容が定められています。例えば、第1級は両目の失明や両上肢を肘以上で失った場合などが該当し、保険金の上限は3000万円、慰謝料は1100万円が目安となります。

第14級なら3歯以上に対して歯科補綴を受けた、片耳の聴力が1m以上離れると小声が聞き取れないなどが該当し、保険金は75万円、慰謝料は32万円を目安とします。また、それぞれの等級には労働能力損失の割合も定めています。仕事をするための能力が損失した程度を明確にすることで、将来的に受ける経済的な損失を証明することに繋がります。

一般的に支払い基準と呼ばれていますので、自賠責の調査会社も厳守しなくてはいけない指標です。しかし、場合によっては診断書の提出をしても、非該当とするリスクもあるので後遺障害の認定に関しては、基本的なことを知らないと損をする可能性もあると言われています。

後遺症の等級が重要

未分類

等級によって対応が変わる後遺症は、病気によるものではなく交通事故などの後遺症が対象となることがほとんどです。この等級によって、実際に受けられる慰謝料や医療費の保障額がことなるため、最重要事項だと考えて構いません。今後の生活にも大きな影響をもたらす問題となるため、後遺症の等級について理解しておきましょう。

このサイトでは、後遺症への対応が等級によって変わることを紹介しています。交通事故で後遺症が残っている方にも、役立つ情報となれば幸いです。後遺症の等級は、正式には後遺障害等級と言い換えて良いでしょう。体に残っている症状によって等級を認定するのが基本です。ただし、調査会社と医師の診断書の間で認識の相違があれば、当初予測していた等級に該当しないと判断されることもあります。

等級の相違によって、支払金額も変わるので、後々の生活のためには適切な等級の認定を受けることが必須でしょう。本人が感じている症状を正確に医師に伝えた上で診断書を作成することも必要ですが、納得できないままで等級を決定しないことがなによりも大切なことです。

医師や保険会社、調査会社に任せきりにするのではなく、後遺症を受けた方も基本的なことを理解して積極的に働きかけましょう。自分自身の生活に関わってくる問題なので、疎かにすることはできません。また、本人に対応が難しい様子があれば、家族が変わって手続きをすることも可能です。後遺症によって人生の質を落とさないためにも知識を活かして下さい。

アーカイブ

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031