後遺症等級を理解する

未分類

交通事故などで受けた後遺症は、等級が分かれており該当する症状の認定を受ける必要があります。後遺障害等級は、かかりつけの病院で作成した後遺障害診断書を提出することで、自賠責の調査会社が該当・非該当の決定をしています。

等級の認定によって、受け取る保険金や慰謝料が変わります。等級は第1級~第14級まで分かれており、それぞれに後遺障害の内容が定められています。例えば、第1級は両目の失明や両上肢を肘以上で失った場合などが該当し、保険金の上限は3000万円、慰謝料は1100万円が目安となります。

第14級なら3歯以上に対して歯科補綴を受けた、片耳の聴力が1m以上離れると小声が聞き取れないなどが該当し、保険金は75万円、慰謝料は32万円を目安とします。また、それぞれの等級には労働能力損失の割合も定めています。仕事をするための能力が損失した程度を明確にすることで、将来的に受ける経済的な損失を証明することに繋がります。

一般的に支払い基準と呼ばれていますので、自賠責の調査会社も厳守しなくてはいけない指標です。しかし、場合によっては診断書の提出をしても、非該当とするリスクもあるので後遺障害の認定に関しては、基本的なことを知らないと損をする可能性もあると言われています。

Previous
後遺症の等級が重要
Next
後遺症等級で保証に差

アーカイブ

2016年10月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31